経営にも活かせる経費精算システム

会社を運営していく上でかかるのが経費です。

従業員の給与や事務所の店舗の賃貸料等の他に営業交通費、通信費といった流動的な経費精算が必要な項目もあります。

この経費精算システム関連のノウハウを解説します。

かつては経理担当者は営業職などに領収書を提出してもらい、間違いがないか、経費として認められるものか、抜けてる項目はないか等を確認し、不備があれば調べ直す等の行程を経て、上司に承認を貰う作業を行います。
経費の項目も多く、複雑で、簿記などの経理の経験がないと難しいものでした。

最近では経費精算システムを導入している企業が増えています。

レシートや領収書をカメラで撮影すると自動的に申請や入力できるものもあります。



外出先でもスマートフォンでもできるので、領収書を溜め込んだりすることも少なくなります。経費精算システムの中にはICカードや乗り換え案内のサイト等と連動しているものもあり、交通費の精算の場合、出発駅と到着駅を入力するだけで正しい金額が表示されるものもあります。経費精算システムは、自動的に項目を仕分けしてくれわかりやすいものが多いので、簿記の知識が無い人が携わっても対応できるものもあります。システムの導入から運用までサポート体制が整っているところも多いので安心です。


経費精算システムはペーパーレスにもなり、経理担当者の業務の軽減にもなります。
経費の一元管理ができるシステムを選べば会社全体の経費の見直しもできる経営にも有効なツールにもなっています。